読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

ゴーン被告の逃亡支援した2人、「日本へ引き渡し可能」…米連邦裁判断

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ニューヨーク=村山誠】米マサチューセッツ州の連邦裁判所は4日、日産自動車前会長カルロス・ゴーン被告(会社法違反などで起訴)の逃亡を手助けしたとして、米国内で逮捕された米国籍の親子2人について、法的に日本への身柄引き渡しが可能との判断を下した。

 2人は、米陸軍特殊部隊「グリーンベレー」元隊員のマイケル・テイラー(59)と、その息子のピーター・テイラー(27)の両容疑者。日米犯罪人引き渡し条約に基づく日本側からの請求を受けて今年5月に逮捕され、日本への身柄引き渡しの法的可否が裁判所で審理されていた。

 今後、裁判所の判断をもとに、米国務省が身柄引き渡しの最終判断を行う。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1456112 0 国際 2020/09/05 05:34:00 2020/09/05 06:57:28 2020/09/05 06:57:28

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)