中国・蘇州市、市民の生活態度を点数化「信号無視で減点」…反発受け運用停止

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【上海=南部さやか】中国江蘇省蘇州市が、市民の生活態度をマナーや社会貢献度などで点数管理するアプリを地方政府で初めて導入したところ、「公権力の行き過ぎた介入だ」などの反発がネット上で広がった。市政府は6日、アプリの運用開始からわずか3日で運用を停止した。

 アプリは、交通ルールの順守とボランティア参加の2項目を基に利用者の生活態度を点数化する。信号無視などは減点となる。市政府は、点数が高いと就職で有利になるなどと説明しているが、詳細な算出方法を示していない。

 市政府は、ネットでの反発に対し、「道徳的な風潮を作り出すことが目的で、登録は強制ではなく任意」だと釈明した。今後はシステムを改善して、運用を再開するとしている。

 習近平シージンピン政権は、個人の信用情報の一括管理を目的に、2014年から「社会信用システム」の構築を進めてきた。アリババグループ傘下の「芝麻信用」が15年に導入した信用スコアは金融や不動産などの分野でサービスを拡大している。蘇州市のアプリは、運用主体が市政府ということもあり、「曖昧な概念で市民を管理する監視システムだ」(ネット利用者)と警戒されているようだ。

無断転載・複製を禁じます
1461122 0 国際 2020/09/07 23:44:00 2020/09/08 08:00:05 2020/09/08 08:00:05

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ