北朝鮮で甚大な台風被害、復旧へ軍派遣…金正恩氏「やむを得ず国家的課題を保留に」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ソウル=豊浦潤一】北朝鮮の平壌ピョンヤンで8日、朝鮮労働党中央軍事委員会拡大会議が開かれた。金正恩キムジョンウン党委員長は台風9号により甚大な被害が発生したとし、「やむを得ず国家的に推し進めていた課題を全面的に保留せざるを得ない」と語った。朝鮮中央通信が9日伝えた。

 北東部・咸鏡南道ハムギョンナムド剣徳地区では、住宅約2000戸と数十棟の公共建物が損壊・浸水し、59か所の橋が破壊されたという。拡大会議では、復旧のために軍部隊を派遣することを決めた。

 10月10日の党創建記念日には正恩氏の経済政策の成果報告が求められる。対北制裁や新型コロナウイルス拡大を受けた中朝国境封鎖で経済苦境が深まる中、正恩氏は台風被害の大きさを強調し、自身の失政の責任を回避する狙いとみられる。

無断転載・複製を禁じます
1464533 0 国際 2020/09/09 10:51:00 2020/09/09 11:28:54 2020/09/09 11:28:54

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ