元慰安婦支援団体のトップだった与党議員を起訴…韓国地検、補助金流用疑惑

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ソウル=建石剛】韓国人元慰安婦支援団体「正義記憶連帯(旧挺対協ていたいきょう)」の国庫補助金流用疑惑で、ソウル西部地検は14日、団体の元トップで与党・共に民主党の尹美香ユンミヒャン議員(55)を詐欺や業務上横領などの罪で起訴した。

 韓国で慰安婦問題に強く関与してきた団体の今後の活動に影響を与えることは必至だ。尹氏をかばってきた文在寅ムンジェイン政権や与党にも大きな打撃となる。

無断転載・複製を禁じます
1476131 0 国際 2020/09/14 15:39:00 2020/09/14 16:01:22 2020/09/14 16:01:22

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ