17世紀のペスト予防「ワインの窓」、コロナで復活…伊フィレンツェ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 イタリア中部フィレンツェで、17世紀のペスト流行時の感染防止に役立ったというワイン販売用の小窓が、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて再活用されている。

 店の外壁に開けられた窓は縦30センチ、横20センチほど。客は窓越しに注文と支払い、飲み物や軽食の受け取りができる。外の歩道には食事用のいすやテーブルが置かれており、珍しい光景に観光客の評判も上々だ。

レストランで再活用されているワインの窓(4日、イタリア中部フィレンツェで)
レストランで再活用されているワインの窓(4日、イタリア中部フィレンツェで)

 歴史遺産として保存に取り組む団体「ワインの窓」によると、窓は元々、醸造所でのワイン小売りのために作られ、人と人の接触が限定できる構造がペスト流行時に威力を発揮した。中部トスカーナ地方に最低170か所残っているという。新型コロナ流行後に再評価され、レストランやバー、ジェラート店などの10か所以上で復活した。

レストランで再活用されているワインの窓(4日、イタリア中部フィレンツェで)
レストランで再活用されているワインの窓(4日、イタリア中部フィレンツェで)

 ジェラート店経営のジュリア・ゴリさん(25)は「店内営業の禁止中は、窓越しでも人との接触が息抜きになった」と話していた。(フィレンツェ 笹子美奈子、写真も)

無断転載・複製を禁じます
1480054 0 国際 2020/09/15 23:42:00 2020/09/16 00:20:40 2020/09/16 00:20:40 レストランで再活用されているワインの窓(9月4日、イタリア中部フィレンツェで)=笹子美奈子撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/09/20200915-OYT1I50071-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ