麻薬取引関与と誤認、警官に射殺された黒人女性の遺族が1200万ドルで和解

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

大坂なおみ選手が全米オープン1回戦でつけたマスクにはブリオナ・テイラーさんの名前が入っていた=AP
大坂なおみ選手が全米オープン1回戦でつけたマスクにはブリオナ・テイラーさんの名前が入っていた=AP

 【ニューヨーク=橋本潤也】米ケンタッキー州ルイビル市は15日、麻薬取引に関わったと誤認され、警官に射殺された黒人女性の救急救命士ブリオナ・テイラーさん(当時26歳)の遺族に対し、1200万ドル(約12億6500万円)を支払い、再発防止に取り組むことで和解したと発表した。

 テイラーさんは3月、自宅で就寝中、踏み込んできた警官に銃撃されて死亡した。事件後、関与した警官3人が逮捕や解雇などの処分を受けず、黒人への不当な扱いを象徴する事件として注目され、全米に抗議活動が広がった。ルイビル市は和解に際して遺族に謝罪したが、遺族側は警官の刑事訴追を求めている。

 テイラーさんの名前は、テニスの大坂なおみ選手が2年ぶりの優勝を飾った全米オープンで、入場などの際に着用したマスク7枚のうち、初戦で使ったマスクにプリントされていた。

無断転載・複製を禁じます
1480502 0 国際 2020/09/16 08:56:00 2020/09/16 16:05:30 2020/09/16 16:05:30 Naomi Osaka, of Japan, wears a mask in honor of Breonna Taylor before her match against Misaki Doi, of Japan, during the first round of the US Open tennis championships, Monday, Aug. 31, 2020, in New York. (AP Photo/Frank Franklin II) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/09/20200916-OYT1I50028-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ