旧ソ連構成国、ベラルーシで軍事演習へ…欧米の干渉けん制か

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【モスクワ=田村雄】ロシア国防省は15日、ベラルーシで、旧ソ連構成国6か国の軍事同盟「集団安全保障条約機構」(CSTO)による合同軍事演習を10月に実施すると発表した。大統領選結果に対する抗議行動が続く中、欧米の干渉をけん制する狙いとみられる。

 演習は10月12日から5日間の予定だが、規模など詳細は明らかにしていない。CSTOは、米欧に対抗する軍事同盟として2002年に発足し、加盟国が外国の侵略を受けた場合、同盟国が軍事支援するとの規定がある。

 プーチン露大統領は14日、露南部ソチで、ベラルーシのアレクサンドル・ルカシェンコ大統領と会談した際、「条約で合意された義務を果たす」と表明していた。

無断転載・複製を禁じます
1480763 0 国際 2020/09/16 10:36:00 2020/09/16 10:36:00 2020/09/16 10:36:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ