ワクチン接種は「来年の半ば以降」…米CDC、「極めてすぐ」繰り返すトランプ氏と食い違い

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

16日、米議会上院の公聴会で、ワクチン接種についての資料を掲げるCDCのレッドフィールド所長(AP)
16日、米議会上院の公聴会で、ワクチン接種についての資料を掲げるCDCのレッドフィールド所長(AP)

 【ワシントン=船越翔】米疾病対策センター(CDC)のロバート・レッドフィールド所長は、16日の米議会上院の公聴会で、開発中の新型コロナウイルスワクチンの一般向け接種が、来年の半ば以降になるとの認識を示した。11月の大統領選前にも実用化させたいトランプ大統領との食い違いが露呈している。

 レッドフィールド氏は、「ワクチンを今年11~12月に利用できる可能性はあるが、供給は限られている」と指摘した。医療従事者などを優先して接種する考えで、一般国民への接種は「来年の第2四半期(4~6月)の後半以降になる」との見通しを明かした。

 この発言に対し、トランプ氏は16日の記者会見で、「年末までに少なくとも1億回分のワクチンを確保し、すぐに供給する」と語り、一般向けの接種が「極めてすぐに始まる」と従来の主張を繰り返した。レッドフィールド氏についても、「彼は間違っている。彼に電話したが、(議会で)混乱していたようだ」と述べた。

 米国では、バイオ企業モデルナや製薬大手ファイザーなどが、ワクチンの臨床試験を実施中だ。トランプ氏は米食品医薬品局(FDA)にも、ワクチンの緊急使用を早く許可するよう繰り返し求めている。

 トランプ氏がワクチンの早期実用化にこだわるのは、大統領選に向けた実績作りが狙いとみられる。野党・民主党が「政治利用だ」と批判しているほか、欧米の製薬大手9社も8日、安全性の重視を掲げる異例の共同声明を発表した。

無断転載・複製を禁じます
1483885 0 国際 2020/09/17 10:43:00 2020/09/17 11:02:58 2020/09/17 11:02:58 Centers for Disease Control and Prevention Director Dr. Robert Redfield holds up a CDC document that reads ”COVID-19 Vaccination Program Interim Playbook for Jurisdiction Operations” as he speaks appears at a Senate Appropriations subcommittee hearing on a ”Review of Coronavirus Response Efforts” on Capitol Hill, Wednesday, Sept. 16, 2020, in Washington. (AP Photo/Andrew Harnik, Pool) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/09/20200917-OYT1I50038-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ