船体構成する9ブロック、3隻目の中国空母か…米研究機関が衛星写真公開

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

空母を建造しているとみられる中国・上海市の江南造船所の衛星写真(8月18日撮影、CSIS China Power/Planet Labs提供)
空母を建造しているとみられる中国・上海市の江南造船所の衛星写真(8月18日撮影、CSIS China Power/Planet Labs提供)

 【ワシントン=蒔田一彦】米政策研究機関「戦略国際問題研究所」(CSIS)は16日、中国・上海市の江南造船所で建造されている、中国海軍3隻目の空母とみられる衛星写真を公開した。8月18日に撮影され、船体を構成する九つのブロックが確認できる。

 ブロックは、造船所の乾ドックに並べられている。各部を同時並行で造り、最後につなぎ合わせるブロック工法を採っている模様だ。CSISの推計では、九つのブロックをつないだ全長は約297メートル、幅は最大約40メートル。甲板などを取り付けた完成時の全長は、300メートルを超える見通しだ。CSISは、「今後数か月かけて組み立てられるだろう」と予測する。

 艦載機の発艦方式に、米原子力空母と同じような「電磁式カタパルト」を採用しているかどうかについて、CSISは「まだ判断できない」としている。

無断転載・複製を禁じます
1484035 0 国際 2020/09/17 11:02:00 2020/09/17 11:02:00 2020/09/17 11:02:00 (CSIS China Power/Planet Labs) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/09/20200917-OYT1I50037-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ