米国コロナ死者、20万人に迫る…世界累計96万人超え

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ジュネーブ=杉野謙太郎】米ジョンズ・ホプキンス大の集計によると、新型コロナウイルスによる米国の死者数が22日、20万人に迫った。世界全体では1日あたり約5000人増え、累計で96万人を超えている。

 世界保健機関(WHO)のまとめによると、米国の死者数は7月後半以降、1日あたり400~1000人程度で推移し、累計では世界最多が続いている。米国での新たな感染者数は、8月後半からは1日あたり4万人前後の日が多く、7万人超を記録していた7月後半に比べると、勢いはやや衰えた。

 国別の死者数は、米国に続き、ブラジルが約13万人、インドが約8万人となっている。インドは8月後半から死者数が連日1000人を超え、各国で最も速いペースで増え続けている。

無断転載・複製を禁じます
1494478 0 国際 2020/09/22 21:40:00 2020/09/22 22:57:06 2020/09/22 22:57:06

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ