国連総会演説、米中が応酬…トランプ氏「疫病解き放った」・習氏「政治問題化すべきでない」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

22日、ビデオ映像を通じ、国連総会で演説するトランプ米大統領(AP)
22日、ビデオ映像を通じ、国連総会で演説するトランプ米大統領(AP)

 【ワシントン=蒔田一彦、北京=中川孝之】国連総会で世界各国の首脳らが演説する一般討論演説が22日午前(日本時間22日夜)、米ニューヨークの国連本部で始まった。米国のトランプ大統領と中国の習近平シージンピン国家主席がそれぞれビデオ映像を通じて演説し、新型コロナウイルスへの対応などを巡り、互いに批判を展開する形になった。

 演説でトランプ氏は、新型ウイルスに関し、中国を「疫病を世界に解き放った国」だと表現した。その上で、「感染の初期、中国は国内で都市封鎖を行う一方、国外への航空便を認めて世界中に感染を広げた」と述べ、世界的な感染拡大の責任は中国にあると批判した。「国連は中国に対し、自らの行動の責任を負わせなければならない」とも訴えた。

 世界保健機関(WHO)については「事実上、中国にコントロールされている」と指摘した。当初は国境を越えた移動制限などに慎重だったWHOについて、「ヒトからヒトへの感染の証拠はないという誤った宣言をした」と非難した。

 トランプ氏は「米国第一」を改めて主張し、「あなたたちも自国を第一にするべきだ」と述べ、国連が象徴する多国間主義を軽視する発言もあった。

 これに対し、習氏は演説で、新型ウイルス対応を巡る問題について「政治問題化したり、(特定の国に)汚名を着せたりすべきではない」と述べた。名指しは避けながらも、感染拡大の責任は中国にあるとする米国の姿勢を批判したものだ。

 さらに、新型ウイルスに関連する国連の人道主義的な活動を支援するためとして、5000万ドル(約52億円)の提供を表明した。ワクチンの開発に成功した場合、アフリカを中心とする発展途上国に優先的に提供することも改めて約束した。

残り:280文字/全文:1130文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1494707 0 国際 2020/09/22 23:08:00 2020/09/23 00:39:28 2020/09/23 00:39:28 In this image made from UNTV video, U.S. President Donald Trump speaks in a pre-recorded message which was played during the 75th session of the United Nations General Assembly, Tuesday, Sept. 22, 2020, at the United Nations headquarters in New York. The U.N.'s first virtual meeting of world leaders started Tuesday with pre-recorded speeches from some of the planet's biggest powers, kept at home by the coronavirus pandemic that will likely be a dominant theme at their video gathering this year. (UNTV via AP) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/09/20200923-OYT1I50007-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ