米次期駐日大使、ワインスタイン氏就任を上院外交委が可決

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=海谷道隆】米上院外交委員会は22日、トランプ大統領が駐日大使に指名した政策研究機関「ハドソン研究所」のケネス・ワインスタイン所長(58)の人事案を可決した。上院本会議での承認を経て、就任する。

 ワインスタイン氏は、ポンペオ国務長官らトランプ政権中枢とパイプを持つ。安倍前首相ら日本の有力政治家とも親交がある。日米関係の重要性を熟知し、ハドソン研究所に日本部を設けるなどした。8月の指名承認公聴会では、日本に安全保障面での貢献拡大を促す考えを表明した。

 ジム・リッシュ上院外交委員長は声明で「(駐日大使ポストは)米国の外交政策決定において極めて重要な役割を果たしている」と強調し、本会議での速やかな承認に期待を示した。

無断転載・複製を禁じます
1495224 0 国際 2020/09/23 10:21:00 2020/09/23 10:21:00 2020/09/23 10:21:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ