韓国・文大統領「終戦宣言こそが恒久平和への道」…米朝協議の再開後押し

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ソウル=豊浦潤一】韓国の文在寅ムンジェイン大統領は23日(米東部時間22日)、国連総会の一般討論演説で、「(朝鮮戦争の)終戦宣言こそが恒久的平和体制の道を開く扉になる」と強調した。

 終戦宣言は、北朝鮮が非核化に取り組む代わりに米側が北朝鮮に与える「体制の安全の保証」の一環として検討されてきたが、米朝非核化協議が暗礁に乗り上げ、実現のめどは立っていない。文氏は終戦宣言の必要性をアピールすることで、米朝協議の再開を後押ししたい考えとみられる。

 文氏は「終戦宣言を通じて和解と繁栄の時代に前進できるよう、国連と国際社会も協力してほしい」と訴えた。

無断転載・複製を禁じます
1495369 0 国際 2020/09/23 11:03:00 2020/09/23 11:30:05 2020/09/23 11:30:05

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ