北朝鮮、越境試みた韓国人を銃撃し遺体焼く…コロナ流入恐れ?

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ソウル=豊浦潤一】韓国軍合同参謀本部は24日、北朝鮮に近接する黄海上の離島・延坪島ヨンピョンド付近で21日昼、韓国海洋水産省所属の漁業指導船の船員1人が失踪後、北朝鮮の銃撃を受けた上で遺体を焼かれたと発表した。韓国軍は「蛮行を糾弾する」とし、責任者の処罰を北朝鮮に要求した。

 北朝鮮と韓国の関係が緊張する可能性が出てきた。北朝鮮が韓国人を銃撃後に焼いたのは、新型コロナウイルスの流入を恐れたためとの見方がある。

 合同参謀本部によると、船員は漁業指導をしていた最中に失踪した。情報を分析した結果、北朝鮮側の海域で北朝鮮が船員を銃撃し、遺体を焼いたことを確認したという。

 船内には船員の靴が残されていた。自ら海中に飛び込んで北朝鮮に渡ろうとした可能性があるが、動機は不明だ。

無断転載・複製を禁じます
1497921 0 国際 2020/09/24 11:57:00 2020/09/24 13:21:12 2020/09/24 13:21:12

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
入泉料割引
NEW
参考画像
ご利用料金割引
NEW
参考画像
3080円2464円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ