読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

金正恩氏「非常に申し訳なく思う」…韓国人船員射殺、異例の早さで謝罪

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ソウル=豊浦潤一】韓国の徐薫ソフン国家安保室長は25日、北朝鮮兵士が22日に北朝鮮海域で韓国人船員を射殺した事件について、金正恩キムジョンウン朝鮮労働党委員長が「非常に申し訳なく思う」と謝罪する通知文を受け取ったと明らかにした。

 正恩氏が異例の早さで謝罪したのは、北朝鮮の残忍な行為に韓国世論の反発が予想以上に強まり、「韓国だけでなく、今後の対米関係にも悪影響が及びかねないと憂慮したため」(韓国政府関係者)とみられる。対北融和を掲げる文政権にも、正恩氏の謝罪を発表することで事態の沈静化を図る狙いがありそうだ。

 大統領府で記者会見した徐氏によると、正恩氏の謝罪は、対韓国政策を統括する党統一戦線部の通知文に盛り込まれていた。正恩氏は「思いがけない不祥事が発生して、文在寅ムンジェイン大統領と南の同胞に大きな失望感を与えた」としている。

 ただ、党統一戦線部は「越北を希望する韓国人船員の遺体を燃やした」などとする韓国軍の説明は「一方的な臆測で遺憾」と反論している。船員は、北朝鮮兵士の身分確認の問いかけにしっかり答えなかった「不法侵入者」であり、燃やしたのは遺体ではなく船員がつかまっていた浮遊物だったと主張した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1500882 0 国際 2020/09/25 14:46:00 2020/09/25 21:47:15 2020/09/25 21:47:15

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)