ウイグル族同化政策「完全に正しい」…習氏、6年ぶり重要会議で

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【上海=南部さやか】中国共産党政権は25~26日、新疆ウイグル自治区の統治方針を協議する重要会議を6年ぶりに開いた。習近平シージンピン国家主席は、「共産党の統治方針は完全に正しく、長期にわたり必ず堅持すべきだ」と述べ、少数民族ウイグル族らへの同化政策を徹底する方針を示した。

 会議には最高指導部のメンバー全員が出席した。習氏は、住民らへの思想教育を通じ、「中華民族の共同体意識を心の奥深くに根付かせなければならない」と指示した。ウイグル族が信仰するイスラム教についても、党が宗教活動を厳密に統制する「宗教の中国化」を推進するよう命じた。

 自治区では少数民族が弾圧されているとして、国際社会の批判が強まっているが、習氏は強圧的な同化政策を正当化した。

 習氏はさらに、中国政府が2014~19年、自治区に2兆元(約31兆円)以上を財政支援し、300万人近くを貧困から脱却させたとする成果を紹介し、「各民族の幸福感は絶えず強まっている」と強調した。

無断転載・複製を禁じます
1505154 0 国際 2020/09/27 23:26:00 2020/09/27 23:41:26 2020/09/27 23:41:26

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ