読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

ゴーン被告、レバノンの私大でビジネス講座監修へ…経営管理のプログラムも

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【カイロ=上地洋実】日産自動車前会長カルロス・ゴーン被告(会社法違反などで起訴)は29日、逃亡先のレバノンで記者会見し、ベイルート近郊の私立大学で企業家向けのビジネス講座を来年3月から始めると発表した。ゴーン被告が昨年12月の逃亡以来、公に活動を始めるのは初めて。

 ゴーン被告の監修で、経営管理やコンピューターの技術習得など複数のプログラムを用意する。起業支援も行い、ゴーン被告が出資する可能性もあるという。

 ゴーン被告は「レバノン経済再建を支援する」と説明した。

 日本政府は、国際刑事警察機構(ICPO)を通じて国際手配し、ゴーン被告の身柄引き渡しを求めている。レバノンとの間に犯罪人引き渡し条約はなく、実現は困難視されている。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1510178 0 国際 2020/09/29 21:39:00 2020/09/29 22:14:11 2020/09/29 22:14:11

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)