イスラエルとレバノンが海上国境画定に向け協議へ…ポンペオ氏「歴史的合意は米が仲介」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【エルサレム=工藤彩香】イスラエルと敵対する隣国レバノンは10月1日、海上の国境線画定に向けた協議を開始することで合意した。イスラエル主要紙「エルサレムポスト」(電子版)などが報じた。

 同紙によると、イスラエルのユバル・シュタイニッツ・エネルギー相が協議開始を認め、レバノン国会のナビ・ベリ議長も協議の枠組みに合意した。協議は今月中にも、レバノン南部の国境付近で、米国や国連の仲介で行われる見通しだ。

 ただ、反イスラエルを掲げ、イランの軍事支援を受けるレバノンのイスラム教シーア派組織ヒズボラが抵抗する可能性があり、協議は難航も予想される。

 米国のポンペオ国務長官は1日、合意を歓迎する声明を出し、「歴史的な合意は米国が仲介した。レバノンとイスラエル、中東地域、米国の利益に資する重要な一歩だ」とトランプ政権の功績を強調した。

無断転載・複製を禁じます
1515980 0 国際 2020/10/02 00:37:00 2020/10/02 00:37:00 2020/10/02 00:37:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ