ニューカレドニア、フランスからの独立を再び否決…住民投票

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

4日、仏領ニューカレドニアの最大都市ヌメアで、票を投じる女性(AP)
4日、仏領ニューカレドニアの最大都市ヌメアで、票を投じる女性(AP)

 【ジャカルタ=一言剛之】南太平洋のフランス領ニューカレドニアで4日、独立の是非を問う住民投票が行われた。仏AFP通信などによると、独立反対が53・3%、賛成が46・7%で、フランスに残留することになった。

 2018年の第1回住民投票では独立反対が57%で、今回はさらに接戦となった。独立派の大半は先住民カナク人で、仏残留派は欧州からの移住者らで構成される。

 ニューカレドニアが独立すれば、南太平洋地域で近年存在感を高める中国の影響力が一層強まるとの見方が出ていた。

無断転載・複製を禁じます
1521405 0 国際 2020/10/04 21:40:00 2020/10/04 21:59:03 2020/10/04 21:59:03 A woman casts her ballot in a voting station of Noumea, New Caledonia, Sunday, Oct.4, 2020. Voters in New Caledonia, a French archipelago in the South Pacific, were deciding Sunday whether they want independence from France in a referendum that marks a milestone in a three-decade decolonization effort. If voters choose independence, a transition period will immediately open so that the archipelago can get ready for its future status. Otherwise, New Caledonia will remain a French territory. (AP Photo/Mathurin Derel) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/10/20201004-OYT1I50028-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ