慰安婦象徴の少女像、ベルリンの区当局が撤去要請…韓国系の市民団体設置

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ベルリン=石崎伸生】ベルリン市中心部のミッテ区当局は8日、ドイツの韓国系市民団体が区内の歩道に設置した、慰安婦を象徴する少女像の設置許可を取り消すと発表した。14日までに撤去するよう求めている。

 当局は、少女像の設置に対し日本国内で反発が起きていることなどを指摘し、「歴史を巡る対立について、どちらかの立場を取ることは控えなければならない」と説明している。

 この少女像は、独国内では3体目だが、初めて公有地に設置されたものだった。1年間の期限付きで設置の許可を受け、9月28日に除幕式が行われた。茂木外相は10月1日にハイコ・マース独外相とオンライン形式で会談した際、少女像の撤去を求めていた。

無断転載・複製を禁じます
1532834 0 国際 2020/10/09 09:56:00 2020/10/09 10:17:21 2020/10/09 10:17:21

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ