プーチン氏、旧ソ連構成国の停戦を仲介へ…アゼルバイジャンとアルメニアの外相を招待

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【モスクワ=田村雄】ロシアのプーチン大統領は8日、アゼルバイジャン領ナゴルノ・カラバフ自治州を巡り大規模戦闘を続けるアゼルバイジャンとアルメニアの外相を9日にモスクワに招待したと発表した。ロシアの仲介で戦闘停止に向け協議する。実現すれば、9月27日の戦闘勃発後、当事国による初の直接協議となる。

 旧ソ連構成国の両国と良好な関係を維持するロシアが、早期の停戦実現に本腰を入れる。外相会談には、セルゲイ・ラブロフ露外相が同席する見通しだ。

 発表に先立ち、プーチン氏は、両国首脳と個別に電話で会談し、双方に戦闘の停止を改めて要請した。犠牲者の遺体や捕虜の交換についても協議した。

 ロシア通信によると、ロシアは8日、米仏と全欧安保協力機構(OSCE)が主導する和平協議の共同議長国として、スイス・ジュネーブでアゼルバイジャンの外相を交えた会合を開いたが、協議内容は明らかになっていない。

 軍事衝突による双方の犠牲者は400人を超え、1994年の停戦合意後では最大の規模となっている。

無断転載・複製を禁じます
1532908 0 国際 2020/10/09 10:16:00 2020/10/09 10:16:00 2020/10/09 10:16:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ