米、イランの18銀行を制裁対象に指定…国際金融システムから排除

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=横堀裕也】米財務省は8日、大統領令に基づき、イランの18銀行を制裁対象に指定したと発表した。米国内の資産が凍結され、米国人との取引が原則禁じられる。制裁発動には45日間の猶予期間を設けるが、その後に18銀行と取引した外国の個人や団体についても、制裁対象になり得ると財務省は警告している。

 発表によると、制裁指定を受けたのは、アミン投資銀行やマスカン銀行など。イランを国際金融システムから排除する狙いがある。トランプ政権は9月中旬、国連の対イラン制裁が復活したと一方的に宣言するなど、11月の大統領選を前にイランに対する圧力を一段と強めている。

無断転載・複製を禁じます
1532945 0 国際 2020/10/09 10:22:00 2020/10/09 10:22:00 2020/10/09 10:22:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ