アゼルバイジャンとアルメニアが停戦合意…ロシア仲介、声明発表

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【モスクワ=田村雄】ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相は10日、アゼルバイジャン領ナゴルノ・カラバフ自治州を巡る大規模な戦闘について、アゼルバイジャンとアルメニア両国の外相が同日正午から停戦することで合意したと明らかにした。両国外相は、仲介役のラブロフ外相の同席の下、9日にモスクワで会談していた。和平に向けた協議の実施でも一致したという。

 9月27日に勃発した戦闘は、民間人を含め双方で約430人に上る死者を出し、1994年の停戦合意後、最大規模となっていた。今後は合意がどこまで履行されるかが焦点となる。

 戦闘勃発後に両国の閣僚が初めて対面した会談には、アゼルバイジャンのジェイフン・バイラモフ外相と自治州を支援する隣国アルメニアのゾフラブ・ムナツァカニャン外相が出席。10時間以上の協議の末、ラブロフ外相が10日未明に3か国外相による声明を発表した。

 声明は、停戦について、戦闘による捕虜らの交換や犠牲者の遺体を回収する「人道的停戦」と説明。具体的な停戦の行程は今後決めるとしている。また、和平に向けた「実質的な対話」を、露米仏が共同議長国を務める全欧安保協力機構(OSCE)の協議の枠組みで始めることも確認したという。

無断転載・複製を禁じます
1537317 0 国際 2020/10/10 13:59:00 2020/10/10 14:05:40 2020/10/10 14:05:40

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ