中国でNBA試合中継1年ぶり再開…香港デモ支持巡り放映中止

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【北京=中川孝之】中国国営中央テレビは10日、米プロバスケットボール協会(NBA)の試合中継を1年ぶりに再開した。中国は昨年10月、NBA幹部が香港での抗議デモに支持を表明したことを問題視して、放映中止など露骨な圧力をかけていた。

 中央テレビは、「中国のバスケファンの要求に応える」ことのほか、「NBAは、新型コロナウイルスと戦う中国の人民を積極的に支援してくれた」と、再開の理由を説明している。

 NBAは中国で高い人気を誇る。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)によると、放映中止などによるNBA側の損失は、最大で4億ドル(約420億円)に上る可能性があるという。

無断転載・複製を禁じます
1537747 0 国際 2020/10/10 18:22:00 2020/10/10 19:09:59 2020/10/10 19:09:59

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ