蔡総統「台湾海峡の安定は中台の共同責任」…演説で「対等な対話」呼びかけ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【台北=杉山祐之】台湾の蔡英文ツァイインウェン総統は10日、台北で行われた「双十節」(建国記念日に相当)の式典で演説し、台湾海峡情勢について、「安定を守ることは、両岸(中台)の共同責任だ」と述べ、緊張緩和に向けて中台が共に自制すべきだとの考えを示した。

 蔡氏は、台湾自身の姿勢について、「我々はむやみに進まない。原則は固く守る」と強調した。独立や、米国との外交関係回復への動きは封印する一方、台湾の「主権」を守る原則的立場は堅持するとの意味で、現状維持宣言と言える。

 中国には、「軍事的拡張と挑発」(蔡氏)で台湾に圧力を加える姿勢を改め、対等な対話に応じるよう、重ねて呼びかけた。

 演説は、中国への強い刺激を避ける内容となった。背景には、台湾の防空識別圏への中国軍機進入が常態化し、偶発的事件さえ起きかねない現状への危機感があるとみられる。

 ただ当面、中国の脅威が減じる見通しはない。蔡氏は、外国兵器購入と、潜水艦などの自主開発で防衛力を高めるとも語った。

無断転載・複製を禁じます
1537828 0 国際 2020/10/10 19:09:00 2020/10/10 19:44:16 2020/10/10 19:44:16

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ