米空母ロナルド・レーガン、南シナ海で演習…7・8月に続き、中国に軍事的圧力

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=蒔田一彦】米海軍第7艦隊は15日、空母ロナルド・レーガンが南シナ海に入り、演習を行ったと発表した。ロナルド・レーガンが南シナ海で演習を行うのは8月以来となる。南シナ海で一方的に支配を進めようとする中国に対し、軍事的圧力をかけ続ける姿勢を改めて示した形だ。

 第7艦隊によると、ロナルド・レーガンを中心に構成する空母打撃群は、インド洋からマラッカ海峡を抜けて南シナ海に入った。水上艦と艦載機が連携する戦術の訓練などを行ったという。空母打撃群の司令官は発表で、「地域の安定を促進するため、インド太平洋地域の同盟国やパートナーと協力する」と意義を強調した。

 ロナルド・レーガンは7月にも、空母ニミッツと共に南シナ海で演習を行った。一方、中国軍も8月、演習の一環で中距離弾道ミサイルを南シナ海に向けて発射するなど、南シナ海で米中間の緊張が高まっている。

無断転載・複製を禁じます
1552707 0 国際 2020/10/16 10:10:00 2020/10/16 11:35:00 2020/10/16 11:35:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ