仏で夜間外出禁止始まる…パリ含む9都市圏、コロナ第2波で4週間

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【パリ=山田真也】新型コロナウイルス感染の第2波に見舞われているフランスで17日午前0時、パリなどでの夜間の外出禁止措置が始まった。仕事や健康上などの理由がなければ外出は禁じられ、違反すると罰金135ユーロ(約1万7000円)が科される。

16日、フランス北部リールでバーのテラス席を片付ける店員(AP)
16日、フランス北部リールでバーのテラス席を片付ける店員(AP)

 仏政府は少なくとも4週間実施する考えで、さらに2週間延長する可能性も示唆している。夜間の外出が禁止されたのは、パリを含むイル・ド・フランス地域圏や南部のマルセイユなど9都市圏。17日の午後以降は、午後9時から翌日の午前6時までが外出禁止となる。レストランなども午後9時で閉店する。

 パリでは16日夜、中心部のオペラ座近くやセーヌ川左岸のレストランなどで、多くの人が夜間外出禁止前の最後の食事やワインなどを楽しんでいた。

 フランスでは15日、1日あたりの新規感染者が初めて3万人を超えた。医療機関の負担も増しており、状況は深刻化している。仏政府は14日、約3か月ぶりに「公衆衛生上の非常事態宣言」を閣議決定していた。

無断転載・複製を禁じます
1555608 0 国際 2020/10/17 13:26:00 2020/10/17 18:59:38 2020/10/17 18:59:38 A waiter closes a bar terrace in Lille, northern France, Friday, Oct. 16, 2020. France is deploying 12,000 police officers to enforce a new curfew coming into effect Friday night for the next month to slow the virus spread, and will spend another 1 billion euros to help businesses hit by the new restrictions. (AP Photo/Michel Spingler) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/10/20201017-OYT1I50031-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ