東京五輪中に米朝協議あるかも…米大統領補佐官が期待感

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=横堀裕也】米国のロバート・オブライエン国家安全保障担当大統領補佐官は16日、米調査研究機関のイベントで「東京五輪の前後または期間中に北朝鮮と交渉を行う機会があるかもしれない」と述べ、米朝協議の再開に期待感を示した。

 オブライエン氏は「北朝鮮は(来夏予定の)東京五輪への参加に興味を持っていると思う」とした。米大統領選でのトランプ大統領再選を前提に「北朝鮮側も他に選択肢がないと認識すれば、交渉の余地が出てくるだろう」とも語った。

無断転載・複製を禁じます
1556275 0 国際 2020/10/17 21:23:00 2020/10/17 22:06:59 2020/10/17 22:06:59

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ