タイで5日連続の反政府デモ、駅・道路の閉鎖で交通混乱も

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【バンコク=山村英隆】タイのプラユット・チャンオーチャー政権の退陣などを求める大学生主導の反政府デモが18日、首都バンコクの高架鉄道の駅周辺などで行われた。デモは5日連続で、一部の駅や道路が閉鎖されるなど17日に続いて交通の混乱が見られた。

18日、小雨が降る中、座り込んで政府に抗議するデモ参加者ら。雨がっぱを着た人も目立った(バンコクで、山村英隆撮影)
18日、小雨が降る中、座り込んで政府に抗議するデモ参加者ら。雨がっぱを着た人も目立った(バンコクで、山村英隆撮影)

 大学生らは、軍主導の強権統治を続けるプラユット首相の辞任に加え、憲法改正や軍とつながりのある王室の制度改革などを求めている。政権側は非常事態宣言に基づく緊急措置を発令し、デモの抑え込みに躍起だ。大学生側は警察の警告を無視し、連日各地でデモを強行している。

無断転載・複製を禁じます
1558222 0 国際 2020/10/18 23:21:00 2020/10/18 23:44:42 2020/10/18 23:44:42 18日、バンコクで、政府に抗議する意思を示すポーズを取るデモ参加者ら。この日は小雨で雨がっぱを着た人も目立った=山村英隆撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/10/20201018-OYT1I50055-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ