中国、バチカンと司教任命権で合意延長「関係改善進める」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【北京=田川理恵、ローマ=笹子美奈子】中国政府とバチカン(ローマ教皇庁)は22日、中国でのカトリック教会司教の任命権を巡って2018年に結んだ暫定合意を2年間延長すると発表した。合意の期限は22日だった。

 中国外務省の趙立堅ジャオリージエン副報道局長は22日、合意延長に関連し、バチカンとの「関係改善を引き続き進める」と述べた。バチカンは22日の声明で「カトリック教会と中国の人々の生活向上のため、建設的で開かれた対話を目指す」とした。

無断転載・複製を禁じます
1570479 0 国際 2020/10/23 10:22:00 2020/10/23 10:22:00 2020/10/23 10:22:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ