米沿岸警備隊、西太平洋に艦艇配備へ…中国の妨害行為に対抗

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=蒔田一彦】米国のロバート・オブライエン国家安全保障担当大統領補佐官は23日、中国による違法な漁業や他国の排他的経済水域(EEZ)内での妨害行為などに対抗するため、西太平洋に沿岸警備隊の艦艇を配備する方針を発表した。具体的な配備地域は示さなかった。

 沿岸警備隊は国土安全保障省の指揮下にあるが、陸海空軍などと並ぶ六つの軍種の一つだ。これまでも台湾海峡や南シナ海で活動してきた。

 オブライエン氏は23日の声明で、インド太平洋地域における中国の行為が「我々や太平洋諸国の主権を脅かし、地域の安定を危うくしている」として非難した。地域の友好国と協力しながら、最新鋭の警備用艦艇で監視活動などを行うという。

 また、オブライエン氏は、南太平洋の米領サモアへの沿岸警備隊配備に向けた調査を行うことも明らかにした。南太平洋地域でも近年、中国が影響力を急速に拡大させており、安全保障上の観点からも米国は警戒を強めている。

無断転載・複製を禁じます
1574138 0 国際 2020/10/24 10:12:00 2020/10/24 10:12:00 2020/10/24 10:12:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ