読売新聞オンライン

メニュー

露、北方領土に最新型の主力戦車配備か…小型艦艇の撃沈可能

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【モスクワ=工藤武人】ロシアの有力紙イズベスチヤは28日、ロシア軍がクリル諸島(北方領土を含む千島列島)に最新型の主力戦車T72B3を配備すると報じた。露軍は択捉・国後両島に機関銃砲兵師団を駐留させ、装備の近代化を進めており、北方領土に配備される可能性が高い。

 露国防省筋によると、配備完了には1~2年かかる見通しという。配備先は明らかにしなかった。小型艦艇の撃沈が可能とされるT72B3の配備計画に関し、ロシアの軍事専門家は「敵の上陸作戦に対する防衛力が向上する」と指摘した。

 露軍は、北方領土での軍備拡充を進めている。地対艦ミサイルシステムでは、国後島に「バル」を、択捉島には「バスチオン」をそれぞれ配備している。

無断転載・複製を禁じます
1588204 0 国際 2020/10/29 16:59:00 2020/10/29 17:34:08 2020/10/29 17:34:08

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)