ペルー大統領、就任たった6日目で辞任表明

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【リオデジャネイロ=淵上隆悠】南米ペルーのマヌエル・メリノ大統領が15日、就任から6日目に辞意を表明し、国会も承認した。メリノ氏の辞任を求める抗議デモが全土に広がっていることなどを受けたもので、政治的混乱が続いている。

15日、辞意を表明するメリノ大統領(AP)
15日、辞意を表明するメリノ大統領(AP)

 国会議長だったメリノ氏は、汚職疑惑が浮上したマルティン・ビスカラ前大統領の罷免ひめんを受け、10日に大統領に就任していた。来年4月に大統領選を控え、ビスカラ氏の来年7月までの任期を引き継ぐ予定だった。

 これに対し、国会議員の連続再選禁止など政治改革を進めてきたビスカラ氏の支持者は「国会によるクーデターだ」などとして抗議デモを展開した。地元メディアによると、これまでに100人以上が負傷し、14日には治安部隊との衝突で20歳代の男性2人が死亡した。

 新政権の閣僚は相次いで辞意を表明し、各党も15日、メリノ氏への辞任要求で一致するなど、圧力が高まっていた。国会は近く、メリノ氏の後任を選出する見通しだ。

無断転載・複製を禁じます
1629103 0 国際 2020/11/16 10:01:00 2020/11/16 15:11:57 2020/11/16 15:11:57 Peru's interim president Manuel Merino announces his resignation via a televised address from the Presidential Palace in Lima, Peru, Sunday, Nov. 15, 2020. Merino stepped down following massive protests unleashed when Congress ousted President Martin Vizcarra. (Luis Iparraguirre/Peru's Presidential Palace via AP) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/11/20201116-OYT1I50017-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ