中国に「良くない」という印象、日本人に増えて89・7%…海洋活動で悪化

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日中の相互意識を探る第16回日中共同世論調査(実施=言論NPO、中国国際出版集団)の結果が17日、発表された。中国に「良くない」という印象を持つ日本人は昨年比5ポイント増の89・7%に上り、4年ぶりに悪化した。その理由として、中国公船などによる「尖閣諸島周辺の日本領海や領空の侵犯」が同6ポイント増の57・4%で最も多く挙がり、中国による一方的な海洋活動が対中感情を悪化させていることが浮き彫りとなった。

 日中関係の重要性を問う設問でも、「重要」だと回答した日本人は同8・5ポイント減の64・2%で、2005年の調査開始以来、初めて7割を下回った。

 一方、中国人で日本に対する印象が「良くない」と答えたのは52・9%で前回からほぼ横ばいだったが、日中関係を「重要」だと答えたのは、同7・7ポイント増の74・7%だった。中国人が「軍事的脅威」と感じる国は、「米国」が同約10ポイント増の84・1%となっており、米中対立の激化が対日関係を重視する傾向を後押ししている可能性がある。

 調査は9~10月、18歳以上を対象に行われた。日本は全国で1000人、中国は北京や上海など10都市で1571人から回答を得た。

無断転載・複製を禁じます
1633817 0 国際 2020/11/17 21:36:00 2020/11/17 22:14:11 2020/11/17 22:14:11

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ