中国で肉・エビ一時輸入停止、冷凍食品からコロナ検出続々

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【武漢=南部さやか】中国政府は新型コロナウイルスの感染リスクがあるとして、輸入の冷凍・冷蔵食品への警戒を強めている。ウイルス検出が相次いでいるためで、税関当局は関係企業からの輸入を一時停止した。

新型コロナウイルスの陰性証明書(左上)を掲示するスーパーの鶏肉売り場(17日、湖北省武漢市で)=南部さやか撮影
新型コロナウイルスの陰性証明書(左上)を掲示するスーパーの鶏肉売り場(17日、湖北省武漢市で)=南部さやか撮影

 中国紙・北京日報(電子版)によると、13~16日の4日間で湖北や山東など6省10か所で、アルゼンチンやブラジルなどから輸入した冷凍の食肉やエビから陽性反応が出た。

 中国では、北京市の卸売市場で6月、輸入サーモンを扱うまな板からウイルスが検出されて以降、輸入食品への検査が行われてきた。中国税関総署は今月11日までに約87万件を検査したうち陽性となった13件に関わる企業8社からの輸入を1~4週間停止した。

 中国疾病予防コントロールセンターの専門家は10月下旬、中国共産党機関紙・人民日報系の環球時報の取材で、北京市以外の場所で発生した感染も輸入食品からウイルスが検出されたとし、感染が最初に広がった武漢市についても関わりを主張した。

 世界保健機関(WHO)は8月、輸入食品が感染拡大につながる証拠はないとの見解を示している。

無断転載・複製を禁じます
1634230 0 国際 2020/11/18 05:00:00 2020/11/18 18:37:10 2020/11/18 18:37:10 新型コロナウイルスの陰性証明書を掲示するスーパーの鶏肉売り場(17日、湖北省武漢市で)=南部さやか撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/11/20201117-OYT1I50125-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ