鳩山元首相らの短命政権は「硬直化し、目的ない政治の象徴だ」…オバマ氏回顧録

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=蒔田一彦】米国のオバマ前大統領の回顧録が17日、出版された。2009年の初訪日に関しての記載があり、当時の鳩山首相を含め、日本で短命政権が続いたことについて、「硬直化し、目的もない政治の象徴だ」と表現した。

 オバマ氏は09年11月、就任後初めてアジアを歴訪し、日本は最初の訪問地だった。鳩山氏についてオバマ氏は、「3年間で4人目、私が大統領に就いてから2人目の首相だった」と指摘した。頻繁に首相が交代する日本の政治状況に、米政府は厳しい見方をしていたようだ。

 また、訪日に際し、天皇、皇后両陛下(現在の上皇ご夫妻)と皇居で会見したことについては「消えることのない印象を残した」と振り返った。その際、両陛下に深々と頭を下げたことが米国内で物議を醸したが、オバマ氏は「米国の右派が恐れや不安から正気を失った」などと記し、批判は不適当だとの考えを示した。

無断転載・複製を禁じます
1634254 0 国際 2020/11/18 05:00:00 2020/11/18 08:21:40 2020/11/18 08:21:40

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ