[深層NEWS]米政権交代後は中国と「最終的に共存目指す」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 明海大の小谷哲男教授と笹川平和財団の小原凡司上席研究員が18日、BS日テレの「深層NEWS」に出演し、米国の政権交代後の対中政策について議論した。

 小谷氏は、バイデン氏は気候変動問題などで中国と協調すると予測し、「トランプ政権が目指した大国間競争は続けるが、最終的に共存を目指すのが政策の基本になる」と分析した。小原氏は、「中国は国際社会で経済的、軍事的に支配的な地位が取りたい」と指摘し、米国は中国の思惑を見定めて戦略を練る必要があるとの見解を示した。

無断転載・複製を禁じます
1636744 0 国際 2020/11/18 23:51:00 2020/11/18 23:51:00 2020/11/18 23:51:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ