北の人権侵害、国連委が非難決議案を採択…拉致問題「早く解決を」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ニューヨーク=村山誠】国連総会で人権問題を扱う第3委員会は18日、欧州連合(EU)が提出した北朝鮮の人権侵害を非難する決議案を無投票で採択した。近く総会で採択される見通しだ。同趣旨の決議採択は16年連続となる。

 決議案は日本人の拉致問題について、「被害者の安否や所在に関する正確で詳細な情報を家族に提供し、すべての問題をできるだけ早く解決するよう強く要請する」とした。日本は例年、共同提出に加わってきたが、昨年、日朝対話の糸口を探る狙いから共同提出を見送った。今回も引き続き、決議案に賛同する共同提案国にとどまった。

無断転載・複製を禁じます
1637150 0 国際 2020/11/19 08:54:00 2020/11/19 10:31:26 2020/11/19 10:31:26

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ