タイ国会、市民案を否決…反発強めるデモ隊が警察庁舎に落書き

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 タイの国会は18日、憲法改正の進め方などに関する審議を行い、市民団体提出の案を否決した。この案を支持する反政府デモ隊は18日夜、首都バンコク中心部で大規模デモを行って抗議した。

 市民団体の案は改憲手続きや方向性に関し、起草会議メンバーを全員公選にすることや、軍が事実上、全員を指名している上院の改革などを盛り込んだ。

 国会では七つの提案が採決され、与党案と野党案の計2案だけが可決された。市民団体の案は改憲論議の範囲を限定していないが、与野党の案は、王室に関する規定の改正は今後の議論から排除する内容だ。

 デモ隊は反発を強め、デモ隊への放水などを行った警察の本部庁舎にペンキをかけたり、スプレーで落書きしたりした。

無断転載・複製を禁じます
1638096 0 国際 2020/11/19 12:26:00 2020/11/19 12:52:58 2020/11/19 12:52:58

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ