警備員に殴られ黒人死亡、ブラジル各地で差別抗議デモ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【リオデジャネイロ=淵上隆悠】ブラジル各地で20日、黒人差別に抗議するデモが相次いだ。南部ポルトアレグレのスーパーで前日夜、40歳の黒人男性が警備員2人に殴られるなどして死亡した事件を受けて反発が広がった。

 地元メディアによると、男性は仏系スーパー「カルフール」で店員とトラブルになり、駆けつけた警備員と店外に移動した後、殴られたり押さえつけられたりして窒息死した。警備員は2人とも逮捕された。

 暴行の様子をとらえた映像はSNSなどで広がった。ブラジルでは11月20日が「黒人意識の日」と定められていることもあり、デモ参加者が膨らんだ。最大都市サンパウロでは、デモ隊の一部がカルフールに押し入って暴れるなどした。

無断転載・複製を禁じます
1643881 0 国際 2020/11/21 18:00:00 2020/11/21 18:00:00 2020/11/21 18:00:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ