過去に「北方領土はロシア領」「天皇に慰問を」発言、次の駐日韓国大使が釈明

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ソウル=豊浦潤一】次期駐日大使に内定している姜昌一カンチャンイル韓日議員連盟前会長が1日、ソウル市内で読売新聞など日本メディアに対し、北方領土や天皇をめぐる自身の過去の発言について釈明した。

姜昌一氏(韓国大統領府提供)
姜昌一氏(韓国大統領府提供)

 姜氏は野党の国会議員だった2011年5月、国後島を訪問した際、「北方領土はロシア領土」と報道陣に述べたとされることについて「ロシアに奪われ、占有されたという趣旨で述べたが、うまく伝わらなかった」と説明した。

 姜氏は19年2月、文喜相ムンヒサン国会議長(当時)が慰安婦問題で天皇陛下の謝罪を求めた際、一部メディアのインタビューで「天皇に元慰安婦を慰問してほしいという趣旨だった」と述べた。これについては「文議長の考えを説明しただけだ。日本における天皇の存在、役割について無知な発言だったと考えている」と話した。

 19年10月に韓国KBSラジオで天皇について「韓国では日王と言おう」と話したことについては「大使として赴任すれば天皇と呼ばなければならないだろう」と語った。

スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
1668272 0 国際 2020/12/02 05:00:00 2020/12/02 10:27:38 2020/12/02 10:27:38 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/12/20201201-OYT1I50092-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)