ニュース

ワクチン接種で「2か月飲酒控えて」、ロシア国民「それなら無理」と反発

無断転載・複製を禁じます

 【モスクワ=田村雄】ロシア政府が、新型コロナウイルスの国産ワクチン「スプートニクV」の接種にあたり、「2か月は飲酒を控えて」と呼びかけたところ、国民の反発を招いている。当局は近く接種対象を高齢者らに広げる予定で、「1杯なら問題ない」などと火消しに追われている。

 物議を醸したのは、国内で接種が始まる前日の4日、新型コロナ対策担当の副首相が記者会見で「接種後、42日間は飲酒制限を」と求めたのがきっかけだ。8日には、保健当局高官が「接種前2週間も禁酒すべきだ」と発言し、国民の間で約2か月の飲酒自粛を迫られるとの受け止めが広がった。

 スプートニクVは21日間空けて2度、接種する。抗体ができる時間を考慮し、飲酒を控えて効果を高める意図があるとみられる。

 だが、SNSなどでは「科学的根拠に乏しい」「それなら接種は無理だ」「飲まない方が不健康になりそう」などの声が相次いだ。ロシアはウォッカの世界的産地でもあり、左党らが反応した模様だ。

 タス通信によると、スプートニクVを開発した国立研究所所長は、ロシアで年越しに飲むことが多いシャンパン1杯は「接種の害にならない」と訴えた。当局者は適量の飲酒を容認するなど軌道修正を図っている。

国際
ページTOP