読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

都市封鎖後の武漢の様子、SNSで発信し懲役4年…初公判で即日判決

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【上海=南部さやか】新型コロナウイルスの感染が最初に拡大した中国湖北省武漢市で都市封鎖後の様子をSNSで発信し、公共の秩序を混乱させた罪で起訴された元弁護士の女性、張展氏(37)の初公判が28日、上海市の浦東新区人民法院(地裁)で開かれた。裁判所は懲役4年を言い渡し、即日判決となった。

張展氏=支援者提供
張展氏=支援者提供

 張氏の弁護士2人は判決後に記者会見し、審理や証拠の提示がないまま判決が下されたことを明らかにし、「誤った判決だ」と指摘した。

 張氏は6月に逮捕された直後からハンガーストライキを続け、今は鼻から管を挿入して流動食を摂取させられており、この日は車いすに乗せられて出廷した。

 弁護士によると、張氏は2月3日に武漢市に入り、新型コロナの感染で家族を亡くした遺族らに情報を発信させないよう当局が圧力をかけたことや、病院の混乱などを数百回にわたりSNSで発信した。都市封鎖に関しては、「人々に十分な情報を提供せず、封鎖した。人権侵害だ」と当局を批判した。

 9月15日付の起訴状では、張氏の罪状について、「悪意を持って虚偽情報を伝えた」としている。今後、弁護士が張氏の上訴の意思を確認するという。

無断転載・複製を禁じます
1736848 0 国際 2020/12/29 05:00:00 2020/12/29 12:21:03 2020/12/29 12:21:03 武漢市に滞在中の張展氏(支援者提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/12/20201229-OYT1I50011-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)