読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

中国批判で知られる香港紙創業者、再収監へ…香港最高裁が決定

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【広州=吉岡みゆき】香港の終審法院(最高裁)は12月31日、中国批判で知られる香港紙・蘋果日報(アップル・デイリー)創業者で、保釈中だった黎智英れいちえい氏(73)を即日再収監する決定をした。「再犯や逃亡の恐れがある」とする司法当局の上訴が認められた。黎氏は同日、香港の刑事施設に収監された。

 黎氏は、国家安全維持法違反(外国勢力との結託)や詐欺の罪で公判中だ。12月3日に収監されたが、高等法院(高裁)は23日、意見を発信しないことなどを条件に保釈を認め、中国共産党機関紙や香港親中紙が批判していた。

 今回の決定で中国と香港当局の意向に沿った判断が示されたことについて、民主派の劉慧卿りゅうけいきょう・元民主党主席は取材に対し、「裁判所が独立性を保てなくなっているのではないかと心配している」と語った。

 黎氏は29日、「一身上の理由」として、蘋果日報を発行する「壱伝媒」の主席と取締役を退任した。会社の経営に自身の裁判が影響するのを避けるためとの見方がある。

無断転載・複製を禁じます
1740473 0 国際 2020/12/31 17:31:00 2020/12/31 19:46:32 2020/12/31 19:46:32

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)