天安門事件の元学生リーダー・王丹氏がコロナ感染…「共産党ウイルスでも私を倒せない」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【北京=吉田健一】1989年の中国・天安門事件の元学生リーダーで、米国に亡命した王丹ワンダン氏(51)が3日、ツイッターなど自身のSNSに新型コロナウイルスに感染したと投稿した。昨年12月末に感染が判明したが、症状は軽く、現在はほぼ回復したという。

 王氏は、中国政府が批判する「武漢肺炎」との表現を使った上で、「皆さん、ご安心を。(事件後)私は中国共産党の監獄に2度入った。共産党ウイルスでも私を倒せない」と記し、中国政府を批判する姿勢を改めて鮮明にした。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1744522 0 国際 2021/01/03 18:10:00 2021/01/03 18:10:00 2021/01/03 18:10:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)