読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

米国連大使が初の台湾訪問へ…中国外務省「断固反対」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ニューヨーク=寺口亮一】米国の国連代表部は7日、ケリー・クラフト国連大使が13~15日の日程で台湾を訪問すると発表した。台湾外交部(外務省)によると、1971年に台湾が国連を脱退した後、米国の国連大使が訪台するのは初めてという。

 クラフト氏は台湾当局高官と会談するほか、14日には台湾の国際社会への貢献や国際機関への参加拡大の重要性をテーマに講演する予定だ。

 中国外務省の華春瑩フアチュンイン報道局長は8日の定例記者会見で、「いかなる形式でも米台の当局間往来に断固反対する」と反発した。

無断転載・複製を禁じます
1756805 0 国際 2021/01/08 17:43:00 2021/01/08 19:12:23 2021/01/08 19:12:23

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)