読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「歴史の罪人にはなりたくない」…天安門事件で弾圧への加担拒否、元中国軍少将が死去

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【北京=比嘉清太】香港の公共ラジオRTHK(電子版)などによると、中国共産党政権が民主化要求運動を武力弾圧した1989年の天安門事件で、弾圧への加担を拒否して5年間投獄された元中国軍少将、徐勤先シューチンシエン氏が8日、河北省石家荘で死去した。85歳だった。

 徐氏は当時、北京に隣接する河北省の第38集団軍司令官だったが、武力行使の準備を進めようとした軍上層部の命令を拒み、投獄された。「殺されても歴史の罪人にはなりたくない」と語っており、病床にあった近年も当局の監視下にあったとされる。

 事件の元学生リーダーで、米国に亡命した王丹ワンダン氏(51)はフェイスブックで「良識のために官職や自由をなげうったことを、私たち学生は永遠に忘れない」と悼んだ。

無断転載・複製を禁じます
1759375 0 国際 2021/01/09 21:50:00 2021/01/10 04:49:46 2021/01/10 04:49:46

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)