読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

マレーシア、国王が8月1日までの「緊急事態宣言」…首相の総選挙先延ばし思惑も?

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ハノイ=田中洋一郎】マレーシアのアブドゥラ国王は12日、新型コロナウイルスの感染拡大防止を理由として、8月1日まで全国に「緊急事態宣言」を発令した。期間中は、連邦議会が停止され、選挙も行われない。不安定な政権運営に苦しみ、解散・総選挙を先延ばししたいムヒディン・ヤシン首相の思惑も背景にあるとみられる。

 発表によると、発令は内閣の助言に基づき、国王が判断した。ムヒディン氏は12日、テレビ演説で「軍事クーデターではない」などと訴えた。政府機能は停止せず、必要な政策は国王の勅令により行うという。

 現政権は、ムヒディン氏の政党と、統一マレー国民組織(UMNO)などが組んで昨年3月に発足。しかし、組閣人事などでUMNOが不満を募らせ、解散・総選挙の早期実施を求めていた。発令により政権が延命する一方、与党連合内の分裂が決定的となれば、解除後の選挙で、ムヒディン氏が苦戦する可能性もある。

無断転載・複製を禁じます
1765048 0 国際 2021/01/12 19:32:00 2021/01/12 19:32:00 2021/01/12 19:32:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)