読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

知日家・キャンベル氏、アジア政策を統括…新設「インド太平洋調整官」に

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

キャンベル氏
キャンベル氏

 【ワシントン=田島大志】米国のバイデン次期政権がホワイトハウスの国家安全保障会議(NSC)にアジア政策を統括する「インド太平洋調整官」を新設し、カート・キャンベル元国務次官補が就任することが決まった。キャンベル氏が共同創設者の「アジア・グループ」が13日に発表した。

 キャンベル氏は大統領副補佐官を兼務する。外交の最重要課題となる対中政策を中心に、アジア外交を取り仕切る見通しだ。キャンベル氏は知日家として知られ、日本政府高官と太いパイプを持つ。最近の外交誌への寄稿では、中国の脅威に対抗するため、日本などの同盟国と協調する必要性を主張している。

無断転載・複製を禁じます
1769467 0 アメリカ大統領選挙2020 2021/01/14 10:57:00 2021/01/19 14:47:55 米国のオバマ前民主党政権で国務次官補を務めたカート・キャンベル氏は、読売新聞とのインタビューで、米国の対中政策について、経済的な関与を拡大することで中国が穏健になるとの期待が裏切られたと指摘した。2019年1月9日撮影。同月18日朝刊[覇権 米中攻防]「「穏健な中国」外れた期待」掲載。◇カート・キャンベル(Kurt Campbell)クリントン政権の1995~2000年に国防次官補代理(アジア太平洋担当)、オバマ政権の09~13年に国務次官補(東アジア・太平洋担当)を務めた。現在、戦略・投資のアドバイザー会社「アジア・グループ」(米ワシントン)の会長兼最高経営責任者(CEO)を務め、知日派として、アジア情勢について積極的に発言している。近著に「THE PIVOT アメリカのアジア・シフト」がある。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210114-OYT1I50028-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)