読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「ポケモンGO」のキャラクター探して20キロ、離れた町で警官に見つかり罰金…外出制限の英

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 感染力が強い新型コロナの変異種が大流行する英国など欧州の国々は、外出制限と生活必需品を除く店舗の営業停止を組み合わせ、感染対策を強めている。罰金はあるが監視はなく、人々を家に閉じ込めるわけではない。都市部の人通りは昨春の最初のロックダウン(都市封鎖)の時ほど減らず、感染は止まらない。

 ロンドンを中心とする英イングランドでは、1月初めに3度目のロックダウンに入り学校も閉まった。在宅でできない仕事や買い物、ジョギングなどの外出は可能だが、ドライブなど不要不急の外出は罰金の対象だ。

 罰金を取られる人は多くない。それでも英BBCによると、南部ベドワースの男性はスマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」のキャラクター探しに自宅から約20キロ・メートル離れた町まで出かけて警察官に見つかり、200ポンド(約2万8000円)の罰金を払った。

残り:410文字/全文:780文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1790502 0 国際 2021/01/23 05:00:00 2021/01/23 05:36:17 2021/01/23 05:36:17

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)